トップページ婦人科診療

婦人科診療

ちょっとした体の変化はあなたへのサインです! 気になったらすぐに専門医へ

ちょっとした体の変化

婦人科に限らず多くの病気は、早期に発見する事により、大事に至らずに済む事が多く、検診の重要性が示唆されます。

「なんとなく体調が心配だ。」と思われる方は、受診をお勧めします。

婦人科・女性内科

子宮頚がん・子宮体がん

子宮ガンのお話と検診のススメ

詳しくは、解説「子宮頚がんと検診のススメ」をご覧ください。

月経異常

女性の月経サイクルを司るホルモンのメカニズムは複雑です。
視床下部、下垂体などの脳、卵巣、子宮のどこか一カ所に異常があっても、正常な月経になりません。月経困難(痛み)、周期異常、過多月経、月経前緊張症、無月経などは、治療の対象となります。

子宮筋腫、卵巣腫瘍

子宮や卵巣に「コブ」「しこり」「腫れもの」ができる病気です。
良性から悪性まで多岐に渡るため、画像診断や血液検査を行って管理を行います。

更年期、ホルモン補充療法(HRT)

50歳前後に起こる、女性ホルモン欠落症状。顔のほてり、冷汗、粘膜過敏症状などがあります。
更年期を境に、骨粗鬆症や動脈硬化などが発症しやすく、ひいては骨折、心筋梗塞、脳梗塞といった、将来「寝たきり」となる病気の引き金となります。
ホルモン補充療法により、現在の不快な症状や将来の病気のリスクを軽減する事が可能です。

骨粗鬆症

超音波による骨粗鬆症検査を行い、内服薬による治療を行います。

妊娠診断

妊娠初期の診断を行います。周産期管理可能な施設に紹介します。

不妊治療

タイミング療法、排卵誘発法を行います。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)検査

AMH(抗ミューラー管ホルモン)について

詳しくは、解説「AMH(抗ミューラー管ホルモン)について」をご覧ください。

ご希望の方は、当クリニックまでお問い合わせください。

避妊法

母体保護法の観点から「望まない妊娠」を避ける方法を提供します。
緊急避妊法、経口避妊薬内服、黄体ホルモン含有リング(IUS)などの方法があります。

ピルのメリットと注意点

詳しくは、解説「OC(ピル)について」をご覧ください。

OC
低用量ピル
先発医薬品 2,500円(税別)
後発医薬品 2,200円(税別)「実際の処方にあたっては、自費初診料(3000円)又は自費再診料(1500円)及び処方料(590円)が別途必要です。」
IUS
子宮内避妊システム
40,000円 / 5年
Cu-IDU
銅付加子宮内避妊装置
30,000円

緊急避妊法について

詳しくは、解説「緊急避妊法について」をご覧ください。

※ 緊急避妊薬をご希望の方で、未成年の方は親権者の同意が必要です。下記より、緊急避妊についての注意事項と同意書がダウンロードできます。

緊急避妊EC同意書(PDF)

予防接種

子宮頚がん(HPV)感染予防ワクチン、インフルエンザワクチン、肺炎球菌予防ワクチン(成人)

セカンダリーオピニオン

治療の選択にあたり、複数の医師から意見を聞いて判断の材料にしたいとお考えの方には、カウンセリングを行います。

STI(性感染症)検査

クラミジア頸管炎、クラミジア咽頭炎、淋病、梅毒、HIV(エイズ)検査

 

初めてご来院される方へ

診療予約のご案内

このページのトップへ